元気シニア倶楽部

Read Article

◆モッチーママの大和薬膳料理 ◆第34回「肺を潤して精をつけるムカゴ、蓮根、むき栗ご飯♪」

【滋養強壮、老化防止、肌荒れ予防に最適なレシピ】

(食担当 研究委員 餅田雅子)
肺を潤して精をつけるムカゴ、蓮根、むき栗ご飯

【材料】
☆米 2合、五穀米 1合
☆むかご 100g、薄揚げ 1枚、れんこん 70g
人参 70g、シメジ 1/2パック
むき甘栗 120g、生姜 30g
☆調味料:昆布茶 小さじ1/2、三温糖 小さじ1.5、薄口醤油 大さじ3.5、酒 大さじ3 
以上を混ぜ合わせて分量の水加減にします。
☆三つ葉 1把

【作り方】
①お米をといでザルに上げておきます。むかごはよく洗ってザルで水けを切っておきます。
②薄揚げは縦半分に切って細切りに。生姜は細く千切りに、人参は粗いみじん切りに、シメジは石づきを取り房をほぐして半分に切ります。甘栗も半分に切っておきます。仕上げの三つ葉は1センチほどに切ります。
③お米を炊飯器に移して調味料を合わせて分量の水加減にします。
④その上に、むかご、シメジ、薄揚げ、生姜、甘栗をのせて炊き上げます。
(お米と材料は比重が違いますので混ぜないように上にのせて炊きます^^)
⑤炊き上がったら、しゃもじで底のほうからサックリと持ち上げるように水分を飛ばしながら、混ぜてよそい、三つ葉を散らして出来上がりです。

★むかごがない時には里芋も美味しく頂けます。その場合はくずれないように大きく切って炊きます^^(^0_0^)/

◆ムカゴはヤマノイモの種
ムカゴはヤマノイモの肉芽で、ムカゴを土に埋めておくとそこからヤマノイモの芽が出てきます。種と同じ働きをするというわけです。栽培の場合、芋を切って種芋にして苗を作る場合が多いようですが、実際にナガイモや自然薯などをこのムカゴから栽培する事もあります。

☆山芋や長芋は気の巡りを良くして胃腸を丈夫にし、栄養の吸収率を高めます。脳を活性化して精を増やし、肺機能を促進して気を補って、空咳を解消し、肌に潤いを与えて、利尿作用で身体の余分な水分を尿から排出するのにも適した食材です。
滋養強壮、老化防止、肌荒れも予防して疲労を回復させて便秘改善もするなど全てにオールマイティーな食材ですね^^

その他、ビタミンB1、炭水化物、カリウム、食物繊維などが含まれています。粘り成分のムチンには血糖値の急上昇を抑えたり、風邪を予防してたんぱく質を効率よく吸収して疲労回復にも役立つ働きがあります。

山芋は芋類の中で唯一、生食が出来る芋です。芋の主成分のデンプンは通常、加熱調理をしますが、山芋は胃腸の働きを助ける消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)が沢山含まれていますのでおろし大根と同様に生でも美味しく食べれるのですね。

皮はタワシでこするだけ^^「一物全体!」皮と実の間には栄養が一杯ですね、煮物や炒め物の時は仕上げ3分前に加えるだけ!簡単食材ですね~(^0_0^)/

*生活習慣病は食習慣から!毎日の食事で体質改善を~(^0_0^)/

*「モッチーママの美味しい薬膳麦味噌カレー」お蔭さまで身体が温まってとても美味しいとご好評いただいております。ご興味がございましたら是非一度こちらをご覧下さいませね^^(^0_0^)/ http://mochi-mama.jp/curry/

*旬の食材の持つ食性(身体を温めたり、冷やしたりする素材の性質)や素材の効能を活かした大和薬膳料理を、皆さまの日々の体質改善や、健康に少しでもお役に立てますよう、これからもご紹介させていただきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致しますね。

◎お役立ち記事満載の私のブログもどうぞご覧くださいませ^^(^0_0^)/

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookでコメント

元気シニア倶楽部会員登録

[adrotate group="1"]

元気シニア倶楽部メール会員登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
ぜひ元気シニア倶楽部のメール会員にご登録ください。
アドレス登録をされますと「元気シニア倶楽部会員」に登録されます。毎月2回、第1火曜日と第3火曜日に、シニアを元気にする情報が満載の「元気シニア倶楽部通信」をお送りします。
元気シニア倶楽部会員の詳細については、右覧にある「元気シニア倶楽部について」をご覧ください。