元気シニア倶楽部

Read Article

シニアビジネス探訪 第6回 シニアで「まちづくり」を

元気シニアビジネスアドバイザーの林野均です。今回は「まちづくり」のお話です。8月31日(日)に「公益財団法人さわやか福祉財団」のシニアボランティア研究会に参加してきました。テーマは「今こそ、まちづくりを始める時」

講演① 山崎亮氏(株式会社studio-L代表取締役) 

講演② 川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者) 

パネルディスカッション『地球を変える住民パワーのあつめかた』
 ・パネリスト

  • 後藤純氏(東京大学高齢社会総合研究機構特任講師)
  • 中村順子氏(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸理事長)
  • 菱沼幹男氏(日本社会事業大学社会福祉学部准教授)
  • *山崎亮氏、川北秀人氏も参加。

 ・アドバイザー

  • 樋口恵子氏(NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長)

 ・コーディネーター

  • 堀田力氏(さわやか福祉財団会長)

山崎亮氏は「コミュニティデザイナー」として、川北秀人氏は「コーディネーター」として全国の「まちづくり」に活躍されています。セミナーの主旨としては、「まちづくり」は行政にお任せするのではなく、地域の住民の積極的な参加が必須となりますが、特にその中でも「シニア」の参加が重要になるということ、そして「シニア」を積極的に参加させるのが、現状では非常に難しいというお話でした。
同じ「シニア」でも女性は声を掛けるだけである程度の参加は見込めますが、男性は声を掛けただけではなかなか参加してくれないので、いろいろ策を弄しなければならないということで、たとえば男性の場合は一人一人の功績を讃えた上で依頼するとか、それぞれに役を与えて委員に任命するとか、その策の一部を経験から披露して頂きました。
なぜシニアを「まちづくり」に参加させるか、それは「まちづくり」に参加させることで「シニア」の居場所作りにもなるし、閉じ籠もり予防にもなるという目的もあるそうです。なにしろ、外出頻度と歩行障害・認知症の発症は反比例しているそうですから。

「公益財団法人さわやか福祉財団」は元最高検察庁検事・法務大臣官房長の堀田力氏が1991年に立ち上げました。「高齢化社会における新しいふれあい社会の創造」を理念に掲げています。

「公益財団法人さわやか福祉財団」→http://www.sawayakazaidan.or.jp/

town

過去の投稿記事
バックナンバーはこちら

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookでコメント

元気シニア倶楽部メール会員登録

ぜひ元気シニア倶楽部のメール会員にご登録ください。
アドレス登録をされますと「元気シニア倶楽部メール会員」に登録されます。毎月2回、第1火曜日と第3火曜日に、シニアを元気にする情報が満載の「元気シニア倶楽部通信」をお送りします。
元気シニア倶楽部会員の詳細については、右覧にある「元気シニア倶楽部について」をご覧ください。

元気シニア倶楽部メール会員登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer