補助金申請し農業法人を開業してみては(野菜生産業・家庭園芸・ハーブ・東北エリア 研究委員 木名瀬 希)

1407agri

休耕地を復活させよう

相続して、人のいない場所にアパート作りませんか? と自分たちのもうけだけを考えている人たちが、毎日、老人宅や相続後の家を回っている。それより、だましだまし体に少しだけムチを打って自分の食べる分だけの作物を作ってみませんか?

ふたつの利点

1)農地だからこそのメリット

●固定資産が安価 『固定資産が安価』という最大のメリット。住宅にしても、農地からの転換は負債を自らつくってしまう。未来に借金と固定資産は必要なし ●作業場を作って第六次産業にも発展させる 例として、今は『大根』のまま販売すると農協・市場にこれほどまでか…のダンピング。『大根』を『沢庵に第六次産業にすると5倍の価値を生む。人が集まっての作業。活気が出る

2)健康志向になるメリット

●自分自身体を使い働いたもので農産物の収穫と新鮮野菜を食する 農業者の生活は健康的。まず日と共に起き、畑での作業。ひと汗かいて朝食。午前中の涼しい時間までの仕事。お昼と休憩。それから農作物の取れた野菜の加工所での仕事。夕食後はパソコンに向かって販売とホームページの更新。とっても健康的! ●ひとりでやることもいいが友達も誘える 楽しく仕事をしていると、人は興味を示す。みんなで仲良くやっていこう。

これからの活用提案

なにぶん、お役所仕事。書類を書くことが多くなります。とっても頭を使います。それにひとりではできないこと。段取りや交渉をしなくてはいけません。人とのかかわりや日頃の生活、きっと良い方向に進むこと間違いなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA