シニア・シネマ・シリーズ 第12回 『あなたの旅立ち、綴ります』

元気シニアビジネスアドバイザーの林野均です。今年は映画の紹介にも力を入れようと思っています。
今回紹介するのは、終活を象徴しているようなタイトルの映画、「あなたの旅立ち、綴ります」。

© 2016 The Last Word,LLC.All Rights Reserved.

監督:マーク・ペリントン 脚本:スチュアート・ロス・フィンク
出演:シャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライド 他
配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES
提供:ポニーキャニオン/東北新社

広告会社で成功し財を成した老婦人、ハリエット・ローラー(シャーリー・マクレーン)は生前に自分の訃報記事を書かせ、自分で確認することにした。新聞社の訃報記事担当のアン・シャーマン(アマンダ・セイフライド)に依頼し自分に関わった人々に取材させたが、自分を良く言う人はおらず、理想とかけ離れた内容だった。

ここで普通は落ち込んだり、自分の過去を後悔したりするんでしょうが、ハリエットは違いました。自分の存在を積極的にアピールし始めます。むしろ新しいことを始めるわけです。その姿はいきいきとしています。人間は何歳になっても、死の間際でも新しいことは始められるんだというメッセージを受け止めて下さい。

音楽が重要なアイテムとなっていますが、選曲にもセンスを感じます。ラジオ局のDJ役のトーマス・サドスキーとこの映画で2度目の共演をしたアマンダ・セイフライドですが、2人は撮影修了後結婚しました。シャーリー・マクレーンがキューピッドに見えてきます。

2月24日(土)、シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー ほか全国ロードショー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA