シニア・シネマ・シリーズ 第17回 『ねことじいちゃん』

元気シニアビジネス・アドバイザーの林野均です。 今回ご紹介する映画は「ねことじいちゃん」。 2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。 毎朝の日課はタマとの散歩、島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わりながら、亡き妻が残したレシピノートを完成させることにした。 友人たちとのんびり毎日を過ごしていたが、ある日体調を崩し、診療所に。 息子からは東京で一緒に暮らすことを勧められるが・・・。

©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

  監督:岩合光昭 原作:ねこまき(ミューズワーク) 「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 脚本:坪田文 出演:立川志の輔、ベーコン 他 この「元気シニア倶楽部」で紹介するにあたり、「じいちゃん」を見ようと思っていたのですが、どうしても「ねこ」を見てしまいました。 なんといっても監督は岩合光昭(いわごうみつあき)さん、NHKの『岩合光昭の世界ネコ歩き』でご存知の方も多いでしょう。(本当は「人」ではなく、「猫」じゃないかと私は思っています。) アニマルセラピー(動物を通した癒し)の効能が認められています。 動物と触れ合うことが心の癒しになり、認知症の改善にも役立つとも言われています。 実際に触れ合うことが一番効果的なのでしょうが、年齢とともに飼うのが難しくなってきます。 でも、見るだけでも癒されました。動物で癒されて元気になりましょう。 ポスターにも書かれています。 「いつだって、人生はこれから。なあ、タマさんや。」 2019年2月22日(金)🐾猫の日🐾 全国ロードショー 配給:クロックワークス 映画「ねことじいちゃん」公式サイト →http://nekojii-movie.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA